阪神・秋山 「ティモンディ」高岸に球速負けてネット民に笑われた

[ 2021年1月23日 19:29 ]

阪神の秋山
Photo By スポニチ

 阪神の秋山拓巳投手(29)が23日放送のTBS「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます! プロ野球ぶっちゃけ祭り!」(後6・55)に出演し、同郷で高校時代のライバルだったお笑いコンビ「ティモンディ」の高岸宏行(28)に“ライバル心”を燃やした。

 高岸は昨年10月にヤクルト―広島戦の神宮球場で始球式に登場し138キロを計測。同日に甲子園で巨人戦に先発した秋山がこん身のストレートが135キロしか出ていなかったことを告白。設楽統(47)から「疲れてたんじゃないですか?もう後半ですか」とフォローされると「いや、初回だと思います。本気で投げて高岸に負けていたので、まぁショックでしたね」と肩を落とした。

 また、SNSでエゴサーチをしたときには「秋山135www」といった投稿を目にしたという。秋山は「同じ日に高岸が138キロを出しちゃってるので、高岸の方が話題になっちゃって、僕が欲しい情報が全然入ってこない」と振り返った。高校時代に愛媛県大会の決勝で対決している2人。高岸は「秋山さんは高校の時から150キロ出してますから」と凄さを語った。秋山は「当時は出てたけど、今はちょっと…遅いストレート」と自虐気味に話し笑わせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月23日のニュース