ロッテ・安田&藤原 未来につながる3安打 井口監督「CSが初めての選手ばかりでいい経験になった」

[ 2020年11月16日 05:30 ]

パCS第2戦   ロッテ4―6ソフトバンク ( 2020年11月15日    ペイペイD )

<ソ・ロ>9回1死一塁、中前打を放った安田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ロッテはシーズンで14ゲーム差をつけられた王者に返り討ちに遭った。2年連続でレギュラーシーズンを勝ち越した相性の良さも全く発揮できず。それでも4年ぶりに進出したCSという大舞台でチームの未来を背負う大阪出身コンビが大きな経験を積んだ。

 まずは高卒3年目の安田だ。初戦は「7番」で出場し、千賀から先制2ラン。この日は4番に昇格し、初回1死二、三塁から左中間へ先制の2点二塁打を放った。7回は中越え二塁打、9回も中前打と3安打した一方で2回と4回の好機はいずれも空振り三振。「あそこで打てば流れは変わった。自分の実力不足。もっと練習しなくちゃいけない」と悔やんだ。負ければ終わりの短期決戦でつかんだ成功と失敗の体験。2020年のシーズンは終了したが「すごくいい経験ができた」と晴れやかな表情だった。

 高卒2年目の藤原も2番でフル出場し、3安打を放った。今季は最後まで2軍で育成する方針だったが、10月上旬にチーム内に新型コロナウイルス感染者が続出した影響で大量入れ替えがあり、1軍に緊急昇格。この日まで必死に駆け抜け、安田と同様に貴重な経験を積むことができた。

 2試合ともに点差以上の力負けとなったが、井口監督は「CSが初めての選手ばかりで、いい経験になった。若い子もしっかりと活躍してくれたし来年につながる」と前を向く。未来への手応えを胸に戦力を整え、この悔しさは来季に晴らす。(横市 勇)

 《21歳以下2選手の猛打賞は史上初》ロッテは21歳7カ月の4番安田と20歳6カ月の藤原がそろって3安打。安田の先発4番はプレーオフ、CSでは18年ファーストS、ファイナルS計5試合で務めた岡本(巨)の22歳3カ月を更新する最年少記録。藤原の猛打賞は05年プレーオフ第3戦西岡(ロ)の21歳2カ月を抜くこちらも最年少記録になった。また、日本シリーズを含め、ポストシーズンで同一試合に21歳以下の2人が猛打賞は初めて。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月16日のニュース