阪神・西勇「ファンの皆さまが来てくれるまで強い阪神でありたい」65日ぶり集合練習で決意  

[ 2020年5月23日 16:00 ]

集合練習に参加した西勇(阪神タイガース提供)
Photo By 提供写真

 阪神の西勇輝投手(29)が23日、甲子園球場での集合練習後にオンライン取材に応じた。3月19日以来、65日ぶりに監督、コーチ、選手が顔を合わせての“始動”に「すごく良かったです。自粛期間と違って、良い緊張感もありましたし、コミュニケーションもたくさん取れて。サインプレーだったり、チームプレーがあった中で初日にしてはうまくいけたんじゃないかと」とチームメートとの再会や連携プレーに充実感を漂わせた。

 チームにとっては不動の開幕投手。NPBが目指す6月19日の開幕までは1カ月を切っており「本当に残り短い時間なので、ケガだけしないように。あとは気持ち入れて頑張るだけだと思う」と表情を引き締めた。

 「笑顔」が信条の右腕は、当面の間は無観客での開催が濃厚で、画面越しに“球音”を待つファンへ向けてもメッセージを発信。「自分がよくやってる笑顔だったり、矢野監督の楽しくやるプレーっていうのは、画面越しでも伝わると思います。ファンの皆さまが(球場に)来てくれるまで強い阪神でありたいですし、良い順位にいて、来た時も楽しく応援してもらって、来て良かったなと思えるチーム作り、強いチームでありたい」と締めくくった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月23日のニュース