矢野阪神 65日ぶりに集合練習再開「色々なことに感謝して」

[ 2020年5月23日 11:41 ]

<阪神集合練習>集合練習前にナインに言葉をかける矢野監督(阪神タイガース提供)
Photo By 提供写真

 阪神は23日、投手と野手が一堂に会する「集合練習」を開始した。練習開始前に矢野燿大監督(51)が選手やコーチなど全体に向けて言葉を発した。

 「いよいよこうやってみんなでやれるっていうのはすごく嬉しいし、でもここまでの長い期間でみんなもいろいろなことを感じたと思います。全員でユニホームを着て、甲子園で練習できることが当たり前じゃないってこともみんな感じていると思うし、本当に色々なことに感謝してやっていけたらと思います」

 矢野阪神がチームとして一堂に会するのは3月19日以来65日ぶり。最短で6月19日となる開幕に向けて指揮官は「苦しいときこそ楽しく、苦しいときこそ笑ったりそういう姿でファンの人に元気や勇気を伝えることができると思うので、そういう姿を今日から新たに見せていきましょう」とチーム全体に熱い言葉を投げかけ、練習がスタートした。 (監督談話は球団を通じて)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月23日のニュース