巨人・パーラ ファンの“サメダンス”を心待ち「その時は僕も一緒に踊ろうかな」

[ 2020年5月23日 16:15 ]

打撃練習する巨人・パーラ
Photo By 提供写真

 巨人の新外国人、ヘラルド・パーラ外野手(33)が23日、東京ドームで1軍練習に参加。最短6月19日を目指す開幕を心待ちにした。

 坂本や亀井らと汗を流した助っ人は「状態はとてもいいよ! いい感じで仕上がっているし(開幕を)待つだけだね」とコメント。昨季所属したナショナルズで登場曲「ベビー・シャーク」を流した際に球場が一体となった「サメダンス」が代名詞だが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、開幕して当面は無観客開催となる。「早く、ファンの皆さんにここ(東京ドーム)で踊ってもらえる日がくるといいよね。その時が来たら僕も一緒に踊ろうかな(笑)」と早期の通常開催を願った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月23日のニュース