楽天・弓削 ブルペンで熱投112球 自主練習再開後で最多「実戦意識して全球種投げた」

[ 2020年5月23日 05:30 ]

ローテーション入りが有力な楽天・弓削(球団提供)
Photo By 提供写真

 開幕ローテーション入りを狙う2年目左腕の楽天・弓削が、ブルペンで112球を投げ込んだ。8日の自主練習再開後では最多の球数で「実戦を意識して全球種を投げた。久々に100球以上投げてバテ気味だったけど、出力は上がってきた」と納得顔だ。

 新人だった昨季は3勝を挙げ「先発で投げたいというこだわりがある」と鼻息が荒い。伊藤投手チーフコーチは「ある程度の実績もあるので計算できる。ローテーションの有力候補」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月23日のニュース