西武“ひげバトル”敗れたのは…先輩の「圧」に負けた本田 伸ばしたヒゲも元通りに

[ 2020年5月16日 05:30 ]

トレードマークのひげを伸ばして自主練習期間も気合い十分の西武・本田(球団提供)
Photo By 提供写真

 西武の本田が「ひげバトル」に敗れた。15日、球団施設で自主練習後、伸ばしていたひげを普段通りに戻したと明かし「ひげといえば(周囲から)自分だと思ってほしかった。増田さん、武隈さんを見て凄いと思ってしまった」と苦笑いした。

 増田と武隈の先輩2人が気分転換でひげを伸ばし、口3ミリ、顎6ミリで整えていた自身も参戦した。4月末には2倍の長さに。ただ、今月上旬に2人が「おまえはそろそろそれ」と指令。普段は優しい先輩の「圧」に押されてしまった。

 調整は順調。昨季はプロ入り4年目で初勝利した右腕は、開幕ローテ入りへ「直球も(自己最速)147キロ近くが出て調子も上がっている。開幕も近づき、ひげはシーズン仕様でいい」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月16日のニュース