DeNA・斎藤「始まるぞという気持ち」 ブルペンで35球、実戦意識して練習

[ 2020年5月16日 15:55 ]

バドミントンラケットを使ってシャドーピッチングを行うDeNA・斎藤(球団提供)
Photo By 提供写真

 DeNAの斎藤俊介投手(26)が16日、横浜スタジアムで自主練習を行った。筋力強化をテーマにトレーニングを続けており「段階的には5割くらいの状態。筋肉を強く大きくしてきたものを速くする移行期。少しずつスピードに慣れてきて、シーズンが始まる頃には強くした体を速く動かせると思う」と話した。

 ブルペン入りし、35球の投球練習やバドミントンラケットを使ったシャドーピッチングなどで汗を流した。12球団は6月中の開幕を目指しているが「始まるぞという気持ちになりました。実戦を意識したトレーニングなどを行っていきたい」と意気込みを語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月16日のニュース