阪神 活動再開日の延期決定、最短4月9日も先行きは不透明に

[ 2020年3月30日 17:38 ]

阪神の谷本球団本部長
Photo By スポニチ

 阪神は30日、球団の緊急役員会議を開き、当初予定していた4月2日の活動再開を延長することを決定した。谷本修球団本部長(55)は「万全を期すため」と強調した。

 新型コロナウイルス感染拡大へ万全を期すために球団は26日から最低2週間とすることを決断した。活動再開は最短でも4月9日だが先行きは不透明。今後の再開日については白紙に戻った形だ。選手たちには活動再開日程延期をメールで通達された。26日の時点では再開日を4月2日からとしていたが、藤浪ら3選手が新型コロナウイルスに感染したことに加え、食事をともにした選手の経過観察の意味もあり、苦渋の決断を下した。活動再開を待ち望む猛虎が再び先行きの見えない状況に追い込まれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月30日のニュース