虎戦士 自宅待機の中SNSでファンサービス活発化!

[ 2020年3月30日 05:30 ]

糸井のインスタグラムより

 自宅待機の状況に置かれた阪神の選手たちがSNSを活用したファンサービスを活発化させた。

 西勇は自身のインスタグラムでファンに質問を募集。追随するように谷川、才木らも質問を募った。開始数時間で100件以上の質問を受けた高卒4年目の才木は野球関連からプライベートな内容まで幅広く回答した。「今年は何勝を目標にしますか?」には「2桁」、「寮で一番好きな料理は?」には「豚キムチ丼」と答えるなどSNSだからこそ可能なスタイルでファンと交流した。

 今春の対外試合で10試合連続無失点の好調を持続している谷川も幅広い質問に対応した。「フォークが調子いいみたいなんですけど、握りとか変えたんですか?」に「変えましたよ!」と告白。「糸原選手と付き合ってますか?」という質問には「ご想像にお任せします!笑」と答えて楽しませた。

 他にも糸井は5キロと書かれたダンベルの動画に「いいもの発見」とのコメントを付けて投稿。北條は「自宅待機でもテンション上げてこ」とファンやチームメートに呼びかけた。練習すらままならない状況下でも、選手それぞれができる限りのファンサービスを考え、積極的に取り組んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月30日のニュース