中日 ナゴヤ球場で消毒作業 球場関係者「選手が安心できる環境を」

[ 2020年3月30日 13:11 ]

ナゴヤ球場では防護服を着た作業員が一塁側ベンチを消毒
Photo By スポニチ

 中日は30日、2軍本拠地のナゴヤ球場(名古屋市中川区)の消毒作業を行った。

 新型コロナウイルスの感染が確認された阪神・伊藤隼太選手(30)が同球場で20~22日まで2軍練習試合に出場していたこともあり、消毒作業はビジター側が使用する一塁側ベンチや選手のロッカールームなどを重点的に実施。防護服を着た作業員が薬剤を手にベンチや手すりなどを念入りに拭き取った。

 球場関係者によると、同ウイルスの感染拡大を受けて開幕を前に球場内の手が触れやすい箇所を薬剤による拭き取り消毒を行う予定だったが、伊藤らの感染により前倒し。当面は毎朝、拭き取りによる消毒作業を行う予定で「選手が安心できる環境をつくるため、準備していきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月30日のニュース