春季関東大会 初の中止…四国、東海に続き全国3地区目

[ 2020年3月30日 05:30 ]

 関東地区高野連は29日、さいたま市内で臨時理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、5月16日に山梨県で開幕予定だった「第72回春季関東大会」の中止を決定した。同大会の中止は史上初。全国では四国、東海大会に続き3地区目となった。大会には開催地・山梨の4校と各都県から2校ずつの計18校が参加予定だった。

 同連盟の二渡論司会長(群馬県高野連会長)は「宿泊を伴う大会の感染防止対策を十分に整えることが困難な状況」と説明した。首都圏を含め各都県の移動自粛が要請されている状況で、1都7県代表が1カ所に集中する事態を避け、生徒らの健康、安全を最優先に考慮した。

 各都県の春季大会も東京、千葉はすでに中止を決定。今後、各県で中止が広がる可能性がある。群馬県高野連は30日に評議委員会を開催し、春季県大会開催可否について討議する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月30日のニュース