高校野球 春季兵庫大会中止 新型コロナ感染拡大で

[ 2020年3月30日 11:36 ]

 兵庫県高校野球連盟は30日、新型コロナウイルス感染拡大のため春季地区大会および県大会を中止すると発表した。春季大会の中止は史上初。3日の理事会で、3月末までに休校や部活動禁止が解除されない場合は中止する方針を固めていた。近畿2府4県では初の中止決定。夏のシード権については今後検討する。

 県教委が県立学校長に宛てた通知によると、部活動については

(1)校内のみ
(2)1日2時間を上限
(3)平日のうち1日、土日のうち1日は休む
(4)対外試合は同一学区内2校までの実施で、場所はいずれかの校内

と制限されていた。部活動を禁止とはされていないが、県高野連関係者は「大会そのものの開催が難しいということ。残念ですが、どうしようもない」と肩を落とした。

 兵庫県は昨年の甲子園春夏4強で、中止となったセンバツに出場予定だった明石商など強豪がそろい、開催の可否に注目が集まっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月30日のニュース