阪神 ウィリアムス氏が野球ファンにエール「大事な時間が戻ることを願っています」

[ 2020年3月30日 13:03 ]

 阪神のジェフ・ウィリアムス駐米スカウト(47)は新型コロナウイルスの影響を心配し、米国・アリゾナの自宅から日本の野球ファンに向けてメッセージを送った。

 JRFPA(日本プロ野球外国人OB選手会)のツイッターを通じて「メッセージを言いたかった。私は今、アリゾナの自宅にいます。幸いにも、私も家族も健康に過ごしています。今はみなさんが元気であることを願っています。そして、全てが普段通りに戻って、阪神タイガースが試合で勝つことだったり、みなさんにとって大事な時間が戻ることを願っています」と発信した。

 ウィリアムス氏は03~09年まで阪神に在籍して通算371試合に登板。中継ぎで03年、05年のリーグ優勝に貢献した。今春の宜野座キャンプにも助っ人のサポート役として同行し、離日の際にはボーア、エドワーズらの助っ人に「このままいい形で進んでくれたら」とシーズンを楽しみにしていたが、新型コロナウイルス感染拡大で開幕は延期に…。藤浪ら3選手も感染する中、一刻も早い終息を願った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月30日のニュース