eBASEBALL プロリーグ 巨人とヤクルトが首位タイ

[ 2019年12月9日 05:30 ]

 日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催する「eBASEBALL プロリーグ」の第3節が8日、東京都港区のフジテレビ内特設会場で行われた。

 この日はセ・リーグの9試合が行われ、巨人が広島に、阪神がDeNAに、ヤクルトが中日にそれぞれ2勝1敗と勝ち越した。

 この結果、順位は巨人とヤクルトが7勝6敗2分けで首位に並んだ。阪神が6勝8敗1分け、DeNAが6勝9敗で続いている。

 「eBASEBALL プロリーグ」は今年が2回目の開催。ゲームソフト「実況パワフルプロ野球」を使い、12球団から指名されたプレーヤーがゲームの腕を競い、日本一の座を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月9日のニュース