石岡一・岩本、仙台育英・大栄らが中大野球部合格

[ 2019年12月9日 16:35 ]

 今秋東都大学リーグを制した中大野球部は来年度の推薦合格者を下記の通り発表した。今秋ドラフト候補にも挙がった石岡一の右腕・岩本、今夏甲子園8強の仙台育英のエース・大栄、今年のセンバツ準優勝に貢献した習志野・根本、日本ハムの石井一成の実弟で作新学院の主将を務めた巧ら12人が合格した。

投手
岩本 大地(石岡一)
西舘 勇陽(花巻東)
石田 裕太郎(静清)
大栄 陽斗(仙台育英)

捕手
高橋 隆慶(明秀学園日立)
村田 凜(札幌第一)

内野手
中前 祐也(浦和学院)
石井 巧(作新学院)
池本 仁志(都小山台)
渡辺 直紀(福島商)

外野手
根本 翔吾(習志野)
佐伯 和希(岩国)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月9日のニュース