巨人・小林、4000万増で年俸1億円到達!「僕がまさか…」 来季は「打つことを意識して」

[ 2019年12月9日 16:20 ]

<巨人契約更改>1億円の大台で契約更改を済ませ、笑顔を見せる小林誠司(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・小林誠司捕手(30)が9日、東京大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4000万円増の年俸1億円でサインした。今季は12球団で唯一の盗塁阻止率4割台の・419をマーク。4年連続でリーグトップに輝いた。年俸が大台に到達したことには「僕がまさかそこまでいけると思っていなかったので嬉しいです」と素直な気持ちを口にした。

 強肩は光ったが、92試合の出場で打率は・244。来季を見据え「個人としては守備だけでなく、打つ方は足りていない。春先に打撃が良くても、続かないのは実力がないと言うこと。打つことを意識してやっていきたい。日本一になるためには、チームの先頭に立っていく気持ちを意識したい」と責任感を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月9日のニュース