ヤクルト・大下 現状維持の1500万円 投球フォームで悩んだ1年、来季は「50試合を目標に」

[ 2019年12月5日 15:13 ]

ヤクルトの大下
Photo By スポニチ

 ヤクルトの大下佑馬投手(27)が5日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み現状維持の年俸1500万円でサインした。

 2年目の今季は31試合0勝2敗2ホールド、防御率5・18。「(春の)キャンプで2段モーションに挑戦したが、続ける根気がないというか、目先の結果が気になって戻した。そして、シーズン終盤にまた2段モーションに。フラフラしているというか芯がない」と悩み続けた1年を振り返った。

 現在は2段モーションに固定してトレーニングしており「中継ぎでやる以上、50試合を目標に」と来季を見据えた。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月5日のニュース