巨人・菅野、悲願日本一で「銀座パレード」子供たちとの約束「日本一になって戻ってくる」

[ 2019年12月5日 05:30 ]

病院訪問で子どもたちと交流する菅野(球団提供)
Photo By 提供写真

 巨人・菅野が、大城、中川とともに東海大学医学部付属病院を訪問。長期入院している子供たちと2時間、交流し「僕たちは来年、日本一になってここに戻ってくるから」と約束を交わした。

 最後の日本一は12年。13年入団のエースは経験しておらず「悲願でもありますし、(坂本)勇人さんとも“日本一になりたいな、銀座でパレードしたいな”という話を常々している。何とか達成したい」と力を込めた。

 6年連続の訪問。今季、腰痛に苦しんだエースだが「とにかく前を向かないといけないなと強い気持ちを与えてくれる。自分も頑張らなきゃという活力にもなる」とエネルギーを受け取った。子供たちとの約束を果たし、日本一でしか行わない銀座パレードを実現させる。 (岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月5日のニュース