エンゼルス 寺田トレーナーがセミナー、8時間実技指導「技術もそうだがつながりが大切」

[ 2019年12月5日 12:19 ]

受講生に実技を披露する寺田トレーナー(中央)
Photo By スポニチ

 エンゼルスのトレーナー兼マッサージセラピストの寺田庸一氏(42)が11月23日、東京都内で「メジャーリーグトレーナーセミナー」(The Stadium主催)を開催した。

 寺田氏は冒頭で「私のスキルは、PST(プロフェッショナルスポーツトレーナー)のスキルをベースに他の手技を組み合わせて応用しています。現在、所属しているエンゼルスの先発投手の登板前などに実施しているスキルです」とあいさつ。受講生は25人を超え、午前の部は肩、肘、手関節など6種類、午後の部は股関節周囲を中心に6種類の手技を披露。計8時間にわたり、みっちり実技指導した。

 寺田氏は11年に高橋尚成のトレーナーとしてエ軍入り。高橋が移籍した13年以降はチーム全選手の体のケアを担当している。「プロスポーツトレーナーになるためには技術もそうだが、(人と人との)つながりが大切。私も高橋尚成選手のパーソナルトレーナーとして大リーグへ行ったが、それがなければ今はない」と話した。

 ≪積極的にスポーツ現場へ派遣、提携≫The Stadiumはプロスポーツトレーナーに必要なスキルやマインドを伝えていくプログラムを提供している。スポーツ現場への派遣や提携に積極的で、今秋には独立リーグ「ルートインBCリーグ」と初提携を結んだ。今回のセミナーでは実技だけでなく、実技後にも繰り返し学び続けられるよう映像を含む資料も提供した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月5日のニュース