巨人 大城、1500万円増でサイン 来季から中畑、由伸氏つけた背番号24「追い越せるよう頑張る」

[ 2019年12月5日 14:32 ]

契約更改交渉に臨んだ巨人・大城
Photo By スポニチ

 巨人・大城卓三捕手(26)が5日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1500万円増の3500万円でサインした。

 「46」だった背番号が来季から「24」に変更することが決定。過去に中畑清氏(スポニチ本紙評論家)や、高橋由伸前監督も背負った伝統ある背番号の一つで「素晴らしい方々がつけてこられた背番号。少しでも追いついて追い越せるように頑張っていきたい」と気持ちを新たにした。

 大城は2年目の今季は109試合に出場し、打率・265、6本塁打、30打点。捕手と一塁で併用されたが、原監督は秋季キャンプ中に「捕手一本で自立してほしいというのはあります」と期待している。大城は「言われたところを、両方できるように準備したい」としながらも、「捕手として入団してきた。競争は激しいですが頑張っていきたい」と意気込んだ。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月5日のニュース