PR:

本塁憤死に盗塁失敗…広島 足攻封じられ連敗 4番・誠也2戦連発の1点のみ

SMBC日本シリーズ2018第4戦   広島1―4ソフトバンク ( 2018年10月31日    ヤフオクD )

<ソ・広>初回1死一塁、丸の二塁打で本塁を狙った一走・菊池は本塁憤死(捕手・甲斐)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 広島は自慢の機動力を封じられ、4番・鈴木の2戦連発となる本塁打による1点のみで連敗を喫した。 試合速報

 主導権を握れなかった。初回、1死一塁から今シリーズ打撃不振に苦しむ丸の右中間を破る当たりで、一塁走者の菊池が一気にホームを狙う。しかし、中堅・柳田の素早い打球処理と、中継に入った二塁・明石の好返球の前に、ヘッドスライディングも及ばず。先制ならなかった。

 2点を追う5回には安部が二塁盗塁を試みたが、捕手・甲斐の素早く正確な送球の前にあえなく刺された。広島は今シリーズ、6度の盗塁企図が全て失敗。持ち味の足を絡めた攻撃を完全に封じられ、攻撃の糸口をつかめない。

 第3、4戦での計9得点のうち8得点は本塁打によるものだ。レギュラーシーズンではリーグトップの95盗塁と足を絡めた攻撃で相手を苦しめたが、完全にソフトバンクの術中にはまった連敗。広島は敵地でシリーズ7連敗、セ球団も14連敗となった。

[ 2018年10月31日 21:56 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月16日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム