ソフトB森 無失点初S「厳しいところをつけた」

[ 2018年10月31日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2018第3戦   ソフトバンク9―8広島 ( 2018年10月30日    ヤフオクD )

<ソ・広>9回を抑え高谷と喜び合う森(右)(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 9回をソフトバンク・森が無失点で切り抜け、乱打戦を制した。

 1死から鈴木に右前打、2死からバティスタに中前打を浴びて2死一、三塁とピンチを迎えたが「1点差だったが、(臆せずに)厳しいところをつけた」と野間を初球のカットボールで一ゴロに斬った。シリーズ初セーブを記録したが、守護神は「それは気にしていない。勝てたことが自信になる」と胸を張った。

 ▼ソフトバンク・加治屋(6点差の8回に登板も、1/3回を4安打5失点)広島が逆転する試合が多いのが分かった。凄く勢いがあるし、もう一度、気持ちを引き締めたい。

 ▼ソフトバンク・嘉弥真(1点差に迫られた8回1死から打者2人を抑え)準備はしていた。抑えられて良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月31日のニュース