広島・丸 シリーズタイ1試合4三振「僕が足を引っ張った形」

[ 2018年10月31日 08:15 ]

SMBC日本シリーズ2018第3戦   広島8―9ソフトバンク ( 2018年10月30日    ヤフオクD )

<ソ・広>9回無死、丸は空振り三振に倒れる(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 ペナントレースで・468の最高出塁率を誇った広島・丸が絶不調だ。

 3回2死満塁ではミランダの直球を仕留めきれず、最後はチェンジアップに空振り三振。5打席無安打4三振と完全なブレーキとなった。「僕が足を引っ張った形になっている。自分のスイングができていない。捉えきれず、ファウルにしてしまっている」。過去、自身2度しかなかった1試合4三振。シリーズでは昨年第2戦のDeNA・桑原以来6人目の最多タイ記録となった。28日の第2戦で1安打を放っただけで打率は・083。きっかけが欲しい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月31日のニュース