工藤采配ピタリ!松田の代打・長谷川が適時打 ソフトBが貴重な追加点

[ 2018年10月31日 21:05 ]

SMBC日本シリーズ第4戦   ソフトバンク―広島 ( 2018年10月31日    ヤフオクD )

6回1死一、三塁、松田宣に代打・長谷川(右)を送る工藤監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは3―1と2点をリードした6回、松田宣の代打・長谷川勇が適時打を放って貴重な追加点。工藤監督の代打策が実った。

 先頭の柳田が中前打で出塁。デスパイネは空振り三振に倒れたが、中村晃がヒットエンドランを成功させ、1死一、三塁と好機を拡大した。

 迎えるはここまで2打席無安打の7番・松田宣という場面だったが、工藤監督は代打・長谷川勇を決断。今季32発を放った主力に代打を送る短期決戦ならではの采配を見せると、長谷川勇は中前に抜ける適時打を放って起用に応えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月31日のニュース