ミランダ1勝 本拠ヤフオクDで「いつも通りの投球ができた」

[ 2018年10月31日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2018第3戦   ソフトバンク9―8広島 ( 2018年10月30日    ヤフオクD )

<ソ・広>3回2死満塁、丸を三振に打ち取り雄叫びを上げるミランダ(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・ミランダは6回途中を3失点に抑え、シリーズ初先発を白星で飾った。

 0―0の3回1死満塁のピンチで菊池、丸から連続三振。丸は3打席で3三振と完璧に抑えた。西武との敵地でのCSファイナルS第2戦では2回7失点と崩れたが、レギュラーシーズンで3戦3勝だった本拠地で踏ん張り「投げ慣れたヤフオクドームのマウンドで、いつも通りの投球ができた」とうなずいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月31日のニュース