デスパ イ〜ネ!シリーズ本拠10連勝弾 巨人に並んだ最多ばい

[ 2018年10月31日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2018第3戦   ソフトバンク9―8広島 ( 2018年10月30日    ヤフオクD )

<ソ・広>6回2死一、二塁、デスパイネは右越え3ランを放ちお決まりのポーズを決める(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが広島との打撃戦を9―8で制し1勝1敗1分けのタイとした。6回にアルフレド・デスパイネ外野手(32)が日本シリーズ初アーチとなる右越え3ラン。最後は1点差に詰め寄られる展開となったが、第2戦まで計3得点だった打線が本拠ヤフオクドームで目覚めた。これで同球場では同シリーズ10連勝。巨人が70年から73年にかけて後楽園で記録した最多連勝記録に並んだ。

 帰ってきた我が家で、デスパイネが目覚めの一撃を見舞った。1点差に迫られ、広島猛追ムードの6回、柳田の内野安打の間に1点を加えて、なお2死一、二塁。変化球の制球が定まらない3番手・岡田の151キロ外角高め直球にバットを一閃(いっせん)し、弾丸ライナーの3ランを右翼席へブチ込んだ。自身2度目の日本シリーズでの初アーチで5点リードと1勝目を引き寄せた。「今日は気持ち良かった。ランナーがたまっていたので、ストライクゾーンの打てる球を待っていた」

 お立ち台で「デスパ!」の掛け声に、大観衆が「イイネ!」と絶叫した。これがホーム・ヤフオクドーム。DH制のない敵地での第1戦は代打(適時内野安打)で1打席のみ。第2戦は今季わずか4試合と慣れない左翼守備に就き先発したが、まずい守備が先制失点につながり、4打数1安打とバットも迫力を欠いた。本拠に戻った第3戦は定位置の「5番・DH」。5回の内野ゴロの間の1打点も加え、4打点と主砲の輝きを取り戻した。

 広島から福岡に戻った前日、同僚のミランダとグラシアルにキューバ料理を振る舞った。「料理は好き」で、この日も豚肉を煮込んだものを鍋で持ち込み、試合前にペロリ。デスパ流の切り替えで怪力を取り戻した。

 CSではファーストSから7試合連続安打など、33打数12安打、3本塁打、10打点と大活躍だった。チームもファイナルS5試合で44得点のポストシーズン新記録を樹立し、リーグ覇者西武に打ち勝ってきた。それが広島での2試合はわずか3得点。デスパイネの第3戦でチーム初長打となる一発を皮切りに、12安打9得点と自慢の強力打線が点火した。

 これで11年の第6戦で中日に敗れたのを最後に、日本シリーズの本拠地では10連勝。工藤監督は「ホームランで一気にベンチが盛り上がり“これでいけるぞ”という雰囲気をつくってくれた。ヤフオクドームに戻って、選手が本来の姿を見せてくれた」と地の利に手応えを深めた。1勝1敗1分けのタイ。らしさを取り戻した若鷹軍団の中心でデスパイネは「ホームランが出ると勢いがつく。また打てるように頑張ります」と力強く誓った。 (後藤 実穂)

 《巨人に並ぶ》ソフトバンクはヤフオクドームで11年の第7戦(当時はヤフードーム)から10連勝。日本シリーズでは巨人が70年第1戦から73年第5戦で記録した後楽園10連勝に並ぶ同一球場の最多連勝記録になった。また、チームはシリーズ初出場の51年(当時南海)から18回続けて白星をマーク。日本シリーズで出場18回連続勝利は、61〜89年巨人の17回連続を抜き、54〜98年西武の18回連続(西鉄時代含む)に並ぶ最多だ。

 《追いつきV率50%》ソフトバンクが勝ち対戦成績を1勝1敗1分けのタイに戻した。日本シリーズで1勝1敗に追いついたのは過去32チーム。うち日本一は16チームとなっておりV確率は50%になる。なお、今シリーズは史上3度目の引き分けスタートだったが、第3戦で1勝1敗1分けとなったのは今回が初めて。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月31日のニュース