×

誠也 球団史上初の連発「簡単に勝たせたわけではない」

[ 2018年10月31日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2018第3戦   広島8―9ソフトバンク ( 2018年10月30日    ヤフオクD )

<ソ・広>8回無死、鈴木はこの日2本目となるソロ本塁打を放つ(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 4番が放った球団史上初の2打席連続アーチは勝利に直結こそしなかったが「明日への道しるべ」となった。最大6点差から1点差に迫る猛追の号砲を鳴らした広島・鈴木は、敗戦後も下を向かなかった。

 「最後まで諦めずに、ギリギリまで食らいついていけた。負けてしまったけど、簡単に勝たせたわけではない。あのまま負けていたら相手を勢い付かせてしまっていたと思う」

 リードを3点に広げられた6回、先頭で1ボール1ストライクからミランダの外角高め直球を仕留め、日本シリーズ37打席目で自身初アーチを右翼席に運んだ。前2打席は三ゴロと空振り三振で「チェンジアップが良かったので、低めを意識しすぎてクルクルと回っていた。だから高めに目つけをした」と修正力を発揮した。

 6点差に広げられた8回も先頭で加治屋の直球を弾丸ライナーで左翼ホームランテラス最前列へ。この一撃が安部の満塁弾を誘発した。9回にも右前打して3安打。4番の怖さを相手バッテリーに改めて知らしめた。

 巨人とのCSファイナルSでは、第1戦で本塁打を放ちながら、安打はこの1本だけと本領発揮できず。CS突破から試合のなかった7日間にたどり着いたのは原点回帰。迎打撃コーチには「完璧を求めすぎて逆方向にもキレイに打とうとしている。レフトに強い打球を打つのが誠也の打撃だったはず」と諭された。今季放った30本塁打のうち右方向はわずか3本で強烈な左方向への打球で結果を残してきた。「振り出しやすい形を求めている」とシーズン中と変わらず打撃フォームを微調整しながら“強振”で左右に打ち分けた。

 2年前の日本ハムとの日本シリーズでは、本拠地2連勝で迎えた敵地初戦から4連敗した。同じ失敗を繰り返さない。「また明日」。16安打8得点の猛攻を自信に再び鷹投手陣に襲いかかる。(河合 洋介)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年10月31日のニュース