ギータ初打点 内角攻めに苦しむも「デカイっす」

[ 2018年10月31日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2018第3戦   ソフトバンク9―8広島 ( 2018年10月30日    ヤフオクD )

<ソ・広>6回2死一、三塁、三塁適時内野安打を放つ柳田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・柳田が今シリーズ初打点を挙げた。

 2―1の5回1死一、三塁。九里のフォークを打ち損じたが、平凡なゴロを一塁手・メヒアが二塁へ悪送球し、三塁走者が生還。再び1点差に迫られた6回2死一、三塁では岡田の151キロ直球を打ち、三塁への高いバウンドの打球で快足を飛ばして適時内野安打とし「打点がデカイっす。バッティングはカスでしたけどね」。8回にも二塁打で2安打2打点。徹底した内角攻めに遭い、2戦目までわずか1安打と苦しんだが、復調の兆しを見せ「チーム一丸となっていい戦いができた」とご機嫌だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月31日のニュース