日米野球 筒香、石山が故障で出場辞退 上林&佐藤を追加招集

[ 2018年10月26日 16:55 ]

 11月に行われる日米野球の日本代表に選ばれていたDeNAの筒香嘉智外野手(26)とヤクルトの石山泰稚投手(30)が出場を辞退する。26日、日米野球広報事務局が発表した。筒香は左外果骨挫傷、石山は右ひざの炎症のため。代わりにソフトバンクの上林誠知外野手(23)と中日の佐藤優投手(25)が出場する。

 筒香はDeNAを通じて「このたび『2018日米野球』の出場を辞退することになり、侍ジャパンの関係者の皆様、またファンの皆様に対し、申し訳なく思っています。しっかり治療し、次回選出していただいた際には、万全な姿をお見せしたいと思います」とコメント。

 上林と佐藤はそれぞれ日米野球広報事務局を通じてコメント。上林は「聞いた時は驚きましたが、代替とはいえ本当に嬉しく思っています。筒香さんの代わりが務まるとは思っていませんが、自分らしく精一杯頑張りたいです。メジャーのプレーを間近で見られる貴重な機会をしっかり活かしたいと思います」、佐藤は「今回選んでいただいて、ビックリしていると同時に、すごく光栄に思います。メジャーリーガーと対戦する機会はなかなかないので、胸を借りるつもりで頑張りたいと思います」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2018年10月26日のニュース