輝星 ハム入団なら経済効果30億円超 関大・宮本名誉教授が算出

[ 2018年10月26日 06:45 ]

18年プロ野球ドラフト会議 ( 2018年10月25日 )

日本ハムに1位指名された金足農・吉田はチームメートに祝福される
Photo By スポニチ

 関西大の宮本勝浩名誉教授(73)が、金足農・吉田が日本ハムに入団することによる来年の経済効果が30億37万円と算出した。

 今夏の甲子園でフィーバーを巻き起こした右腕。吉田が10勝前後の成績を残すと仮定し、観客数やグッズ購入費などさまざまな指標が増加すると推定。直接効果と1次波及効果が22億7806万円で、トータルは30億円を超えた。宮本教授は「11年の斎藤佑樹投手は30億円台、昨年(のドラフト1位)の清宮幸太郎選手も30億円前後だったと推定される。新人選手の経済効果は1軍での出場数、成績が大きく影響する」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月26日のニュース