【セ6球団担当記者が採点】広島と中日が100点、最低は阪神の70点

[ 2018年10月26日 09:00 ]

18年プロ野球ドラフト会議 ( 2018年10月25日 )

広島1位指名の報徳学園・小園はチームメートに祝福される(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 【セ6球団担当記者がドラフト採点】

 《広島100点》4球団が競合した小園を引き当て満点と言っていい。緒方監督が望んだ即戦力投手も、2位で九州共立大の島内を獲得。152キロの直球とフォークなど変化球で三振が取れる。素材型の野手を多く指名できたのも大きい。 (江尾 卓也)

 《ヤクルト75点》1位指名でクジを2度外した。ただ、かねて注目していた即戦力右腕・清水を指名。指名も8人のうち5人は補強ポイントの投手だった。大学、社会人の野手も指名。中山にはチームに足りない右の長距離砲として期待。 (細川 真里)

 《巨人90点》原監督自ら「90点くらい」と総評した。1位指名の高橋は最速152キロの本格派左腕で即戦力の期待が大きい。左の先発投手はチームの課題だった。2位以下では将来性を意識して高校生を獲得。チームの底上げを図る。 (川手 達矢)

 《DeNA75点》小園は外すも、先発右腕が不足しており即戦力の上茶谷を1位で獲得できたのは大きい。2位の伊藤はパワーを兼ね備えた内野手で期待大。高校、大学、社会人とバランス良く、補強ポイントの選手を確実に獲得できた。(重光 晋太郎)

 《中日100点》根尾の交渉権獲得に始まり、外れ1位指名を検討していた梅津を2位で獲れたことも大きい。3位・勝野とともに即戦力投手として早期の1軍定着に期待する。4位・石橋も強肩強打の捕手として狙っていた選手だった。 (徳原 麗奈)

 《阪神70点》クジ運に恵まれず、1位は外れ外れで近本となったが、結果的には外野補強に成功。2、3位でも小幡、木浪の順で遊撃手2人を獲得し、センターライン強化の方針を貫いた。欲を言えば、即戦力左腕を補強したかった。 (惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月26日のニュース