巨人ドラ5田中俊が初打点「大事なチャンスと思っていた」

[ 2018年6月4日 05:30 ]

交流戦   巨人2―3オリックス ( 2018年6月3日    京セラD )

5回2死二塁、田中俊は左前に勝ち越し適時打を放つ。投手田嶋(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 巨人ドラフト5位・田中俊が1―1の5回2死二塁で、一時勝ち越しの左前適時打。「コンパクトに(振る)イメージしながら粘れた」と3球ファウルし、8球目でプロ初打点を挙げた。

 前日はプロ初スタメンで2安打。チームは敗れたが、2日連続の「2番・二塁」で結果を残して「続けないと意味がない。今日の方が大事なチャンスと思っていた」と振り返っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月4日のニュース