楽天勝てない交流戦 拙守響き5連敗 借金今季最多17

[ 2018年6月4日 05:30 ]

交流戦   楽天2―3ヤクルト ( 2018年6月3日    楽天生命パーク )

交流戦全敗の楽天・梨田監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天は拙守が響き今季3度目の5連敗。交流戦はいまだ勝てず、借金は今季最多の17となった。

 2―2の8回1死二、三塁で代打・畠山の遊撃への打球を前進守備の茂木が一度、握り直して送球したため本塁はセーフ。梨田監督がリクエストを要求したが、判定は覆らなかった。茂木は「焦ってはいなかったが、グラブの中で(球が)引っかかって握れなかった。投手に申し訳ない」と悔いた。4回にも三塁手・内田の失策が失点に絡んでいた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月4日のニュース