早大・小島、慶大に雪辱零封!リーグ初連投で今季4勝目

[ 2018年6月4日 05:30 ]

東京六大学野球   早大9―0慶大 ( 2018年6月3日    神宮 )

慶大を7回無失点に抑えた早大・小島
Photo By スポニチ

 早慶2回戦が行われ、早大が9―0で慶大を破り、1勝1敗とした。早大は1回戦に先発した小島和哉投手(4年)が、リーグ戦初の連投。7回を投げ、9安打を浴びながら無失点で今季4勝目を挙げた。既に優勝を決めている慶大は拙攻続きで零敗を喫した。

 主将でエースの小島が意地を見せた。負ければ5位が決まる一戦で125球を投げ、7回無失点。「技術でなく気持ちで抑えた」と毎回の9安打を浴びても、直球を主体にした力の投球で要所を締めた。前日は136球で3失点完投も黒星。左腕は「投げないと後悔する」と連投を志願した。最初はストップをかけた高橋広監督だったが、当日朝の状態を見て「小島に託そう」と決断。小島は「(きょう4日に行われる3回戦での)3連投は未定だが、この1勝が次につながる」と笑顔を見せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月4日のニュース