Dバックス平野 中後に感謝「助けてもらっている」

[ 2018年2月20日 05:30 ]

並んでストレッチをするダイヤモンドバックスの平野(左)と中後
Photo By スポニチ

 ダイヤモンドバックス・平野が今キャンプ2度目のブルペン投球を行い、エース右腕グリンキーと並んで41球を投げた。

 直球主体に、両サイドに投げ分け「この時期は、真っすぐがしっかり投げられるかどうか。今日はうまく投げられた」と、自ら及第点を与えた。マイナー招待選手の中後も、2度目の投球練習で39球。「全体的に、まとまっていたと思う」と振り返った。3月に34歳になる平野は、28歳と年下ながら米挑戦3年目の中後に「助けてもらっている。一緒に頑張っていけたら」と感謝。中後も「日本人がいるから楽しい」と喜んでいた。 (スコッツデール・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月20日のニュース