宇津木妙子氏 巨人内野陣にノック 坂本勇「いい思い出ができました」

[ 2018年2月20日 18:39 ]

巨人キャンプを訪れ、ノックを打つ宇津木元ソフトボール日本代表監督
Photo By スポニチ

 ソフトボール日本女子代表の元監督・宇津木妙子氏が20日、巨人の沖縄キャンプを訪問。全体練習後の特守で、坂本勇や吉川尚らに内野ノックを行った。00年シドニー五輪で銀、04年アテネ五輪で銅メダルに導いた名将からの打球に、遊撃の守備についた坂本勇は「いい思い出ができました」。二塁の吉川尚も「凄い方に打っていただき、いい経験ができました」と笑顔を見せた。

 高橋監督、井端内野守備走塁コーチと親交が深いことから、実現したノック。一塁には岡本、二塁には吉川尚と田中俊、三塁に北村が入った。約30分間左右に振った宇津木氏は「(坂本勇らに)東京五輪に出てほしい。野球やソフトボールの素晴らしさを伝えてほしい」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月20日のニュース