エンゼルス 元本塁打王ら大砲コンビ獲得 主に控えか

[ 2018年2月20日 05:30 ]

ブルワーズ時代のクリス・カーター(AP)
Photo By AP

 エンゼルスが、通算185本塁打のクリス・ヤング外野手(34)と1年契約、16年ナ・リーグ本塁打王のクリス・カーター内野手(31=アスレチックスからFA)とマイナー契約で合意した。

 昨季はヤングがレッドソックスで90試合、カーターがヤンキースで62試合に出場。いずれも右打ちのパワーヒッターで、主に控えを担うとみられる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月20日のニュース