ワクチン寄付のソフトB・和田へ感謝状「少なくとも50万人には届いたんだなあと思うとうれしい」

[ 2018年2月20日 17:28 ]

球数に応じたワクチンを寄贈した和田(左)は感謝状を受け取る
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの和田毅投手(36)が、05年シーズンから支援を続ける「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」から感謝状と記念品を贈られた。

 和田は投球数や勝利数に応じてワクチンを寄付している。昨季は5万2220本(351万円分)を途上国の子どもたちへ贈ることができた。感謝状贈呈のために生目の杜のソフトバンクキャンプを訪れた同委員会の細川佳代子理事長は「毎年本当にありがとうございます。心から感謝いたします」と言葉を添え、ワクチンの瓶をもとにした手作りの記念品を手渡した。和田は「少なくとも50万人には届いたんだなあと思うとうれしい。自分が投げたらもっと増えると思うと頑張れる」と笑顔で受け取った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月20日のニュース