マエケン 新球チェンジアップ確認「打者がどう反応するか」

[ 2018年2月20日 09:49 ]

 ドジャースの前田は39球の投球練習のうち、習得中のチェンジアップを10球ほど放った。途中からは打者役をつけて変化の感想を聞きながら投じ「バッターなしで今まで投げてきたので(打者が)立ってみて変わるかどうか確かめた」と意図を説明した。

 昨季は右打者と比べ、左打者の被打率が約5分も悪かった。縦の変化を加えることで改善を期待しており「たぶん右より左の方に使うことになる。最低限いい落ちはしてほしい」と話す。

 次の段階は実戦形式の投球となる見込み。「バッターがどういう反応をするか大事になる」と冷静に先を見据えた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月20日のニュース