PR:

張本氏 清宮に“3喝条” 素材は一級品も指摘した3つのポイント

張本氏(右後方)の前で打撃練習を行う清宮
Photo By スポニチ

 真のホームランバッターになれる。スポニチ本紙評論家の張本勲氏(77)が19日、沖縄県名護市で2次キャンプを張る日本ハムを視察。室内練習場で行われた注目のドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎内野手(18=早実)の打撃練習を見守り、ホームランバッターになるための3つのポイントを鋭く指摘した。

 清宮の打撃練習を見させてもらった。一目見て思ったのは一級品であるのは確かということだ。しなやかな腕の使い方、タイミングの取り方はまさしく天性のもの。人にないものを持っている。

 ただ、見ていて気になるポイントがいくつかあった。(1)軸足(左足)の開き、(2)踏み込みの足りなさ、(3)バットを握る両手の指が動く、の3点だ。ほんの小さなことだが、そのわずかな部分が大事なのが打撃でもある。

 まず1つ目の軸足が開く点。本来ならスイングしたとき、軸足のかかとは捕手方向へ向かないといけない。清宮はかかとが捕手方向へ向かずにホームベースに対して「ハの字」になっている。そのため、軸の回転が少し遠回りする。そして2つ目、踏み込みが足りない点。踏み込んだ右足の位置がやや後ろ(一塁方向)にある。もっとホームベース寄りにないと、外の甘い球を右中間へぶち込むような打撃はできない。

 最後に3つ目。これはクセなのだろう。バットを握る両手の指を打ちに行くときに動かすのだ。しっかり両手でバットを握って打たないと、強いボールに負けてしまう。指摘したのはみな小さなことだが、きちっと意識して取り組まないと直らないものでもある。

 私は、現状の清宮は中距離バッターと見ている。でも、まだ18歳。修正点を直し、ここから伸びていけば、間違いなく一流のホームランバッターになる。かつて山本浩二や長池徳二(徳士)もそうだった。清宮の成長を楽しみに見守りたい。

[ 2018年2月20日 08:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月23日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム