西武・辻監督 牧田抜けるけど…他の投手は「競争意識を持って」

[ 2018年1月8日 05:30 ]

野球教室に参加する西武・辻監督(中央)。左は中日・奈良原コーチ、右は侍ジャパン・稲葉監督
Photo By スポニチ

 西武・辻監督が牧田の移籍決定を「うれしく思う。今後はパドレスでの活躍を期待する」と祝福した。

 岸が楽天に移籍した昨季は、4年ぶりのAクラスとなる2位。「エースが抜けたから駄目だろうというところで、他の投手が頑張ってくれた。競争意識を持ってやってくれればチーム力は上がる」と話す。ドラフト5位入団の下手投げ・与座(岐阜経大)は「メジャーで活躍する姿を目に焼き付けながら、僕も結果を残したい」と後継者に名乗りを上げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月8日のニュース