ソフトB長谷川勇 初打ち「良くなる兆しが見えている」

[ 2018年1月8日 05:30 ]

ティー打撃を行うソフトバンク・長谷川勇
Photo By スポニチ

 昨年11月に右足首の手術を受けてリハビリ中のソフトバンクの長谷川勇が、福岡県筑後市のファーム施設で「初打ち」を行った。

 ティー打撃で快音を響かせ「意外といけた。バットを振れたのは良かった。良くなる兆しが見えているので楽しみ」と振り返った。帰り際にはこの日、若鷹寮に入寮した自身と同じ山形出身の吉住からあいさつされ「一緒に頑張りたい」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月8日のニュース