オリドラ6西浦 特技は手品 左手甲と左足首手術も「キャンプには全開で」

[ 2018年1月8日 05:30 ]

オリックスドラフト6位の西浦
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト6位・西浦颯大外野手(18=明徳義塾)が7日、大阪・舞洲の選手寮「青濤館」に一番乗りで入寮した。

 特技は手品で、過去に動画投稿サイト「ユーチューブ」で腕前を披露していた本格派。「トランプやコインを使ったマジックは一通りできます。人を驚かせることが好きなので」。体脂肪率5%、背筋力270キロの強靱(きょうじん)な体の持ち主で、本業の野球でも驚かせるつもりだ。

 昨年12月下旬に「左第3中手骨基部の変形部切除手術」と「左足関節三角骨の摘出手術」を受けたことも判明。10日からの新人合同自主トレは別メニューの見込みだが、「春季キャンプからは本格的にやれます。やる気満々です」と力を込めた。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月8日のニュース