大谷 座った相手に投げた 今月中旬にもブルペン入りか

[ 2018年1月8日 05:30 ]

室内で強めのキャッチボールを行う大谷
Photo By スポニチ

 千葉・鎌ケ谷で自主トレを行っているエンゼルス・大谷が、平地ながら投本間の距離で座った水原一平通訳を相手に40〜50球を投げた。

 座った相手に投げるのは、昨年10月に右足首を手術して以来初めて。カーブを交え、フォームを確かめながら腕を鋭く振った。順調なら今月中旬にもブルペン投球を行うとみられ、着実にステップを踏んでいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月8日のニュース