ハムドラ7宮台 ポケット六法と入寮「僕のアイデンティティー」

[ 2018年1月8日 05:30 ]

ポケット六法を手に入寮する宮台
Photo By スポニチ

 東大から日本ハムにドラフト7位で入団した宮台が、千葉県鎌ケ谷市の勇翔寮に入った。

 法学部生らしく小型の法令集「ポケット六法」を持参。「これが僕のアイデンティティー。(新人は)みんな何か持ってきたりしているので、僕はこれかなと」と笑顔で紹介した。

 3年時に侍ジャパン大学代表として出場した日米大学野球の時も、試験勉強のために持っていた。大学内では定価の10%引きで販売されているポケット六法。昨年12月4日には1日限定で、宮台のドラフト7位指名を記念した「7%」をさらに引いた、17%引きセールが行われた。

 「勉強する時しか開かない」とプロ入り後は野球に集中する考えだが、ポケット六法とともに持ち込んだトレーニング本を代わりに熟読する考え。「プロのやり方があって、いろんなことを言われると思うので、それをかみ砕くためにも自分の理解が必要」。最速150キロを誇る秀才左腕は、どこまでも勉強熱心だ。 (東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月8日のニュース