ありがとう星野監督 楽天ファンが涙の別れ…本拠に献花台

[ 2018年1月8日 05:30 ]

星野氏をしのび、楽天生命パーク宮城に設けられた献花台に花を手向ける人たち
Photo By 共同

 星野氏をしのぶ献花台が7日、楽天の本拠・楽天生命パーク宮城に設けられた。設置は午後の3時間だけだったが、球団によると643人のファンが駆けつけて花を手向けた。

 献花台には星野氏の楽天監督時代の写真が飾られた。仙台市の山本裕子さん(48)は「感謝の思いを伝えに来た。選手のことを温かい気持ちで見ていたのが印象的だった」と涙ながらに語った。盛岡市の上村松生さん(61)は13年に星野氏が率いる楽天が球団初の日本一に輝いた試合を球場で観戦していたという。「ごゆっくりしてくださいと伝えた。また今年、チームが頑張ってほしい。それが星野さんにも一番だと思う」と思いをはせた。

 献花台は8、9日も午前10時から午後5時半まで設置される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月8日のニュース