創成館 長崎県勢初勝利 来秋ドラフト候補・川原7回途中1失点

[ 2017年11月11日 05:30 ]

明治神宮野球大会第1日・高校の部1回戦   創成館5―1おかやま山陽 ( 2017年11月10日    神宮 )

<おかやま山陽・創成館>力投する創成館先発の川原
Photo By スポニチ

 創成館は投打にかみ合い、長崎県勢初の神宮大会1勝を挙げた。

 先発した来秋ドラフト候補の左腕・川原は7回途中6安打1失点。「直球が全然いかなかった」と言いながら、スライダーとチェンジアップを駆使して3回まで完全、7奪三振と好投した。本格的な投手歴はわずか半年だが自己最速は141キロ。「上にいけばいくほど強いチームと対戦できる。楽しみたい」と頼もしかった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年11月11日のニュース