PR:

慶大 初戦で姿消す…東京六大学の初戦敗退は16年ぶり

明治神宮野球大会大学の部 2回戦   環太平洋大学5―1慶大 ( 2017年11月11日    神宮 )

 慶大が初戦で姿を消す波乱となった。リーグ戦は主砲岩見雅紀(4年)を中心に打線で勝ってきたが、この日は環太平洋大のエース西山雅貴(2年)の前に打線が沈黙。6回までわずか2安打に抑えられた。先発の関根智輝(1年)も粘って1失点に抑えていたが、8回に救援陣が崩れ4失点。9回、楽天ドラフト2位の岩見が意地の適時打を放ち1点を返すのが精いっぱいだった。

 神宮大会で東京六大学が初戦敗退するのは01年の慶大以来。大久保秀昭監督は「完敗。見せ場もなかった。最後に岩見がいい姿を見せてくれたけどね。六大学が初戦で負けて申し訳ない」と話した。環太平洋大学の野村昭彦監督(野村謙二郎氏の実弟)とは日石(現ENEOS)時代にバッテリーを組んだ仲。1つ年下の大久保監督は「野村さんはいいチームを作られている」と先輩を称えていた。

[ 2017年11月11日 17:07 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月20日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム