大谷がメジャー挑戦正式表明 二刀流は環境次第「話を聞いてみたい」

[ 2017年11月11日 11:00 ]

<大谷メジャー移籍表明会見>会見に臨む大谷(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 日本ハムの大谷翔平投手(23)が11日、東京都内の日本記者クラブで会見。「昨日、球団から容認と温かい言葉いただいたので、改めて来年以降アメリカの方で頑張りたいということを報告します」と今オフの大リーグ挑戦を正式に表明した。ポスティングシステムを利用しての5年目オフでのメジャー移籍は史上最速。メジャーでの二刀流については「5年間やってきて、最初は少数の方が思い描いていた二刀流を貫いてきて、多くのファンの方々に応援いただきました。今は自分だけのものではないというところがあると思います。そういう(二刀流に取り組める)環境があるのかどうか聞いてみたいと思います」と語った。

 二刀流については何度も質問が飛び「そういう環境があるのか、ないのかは話を聞いてみないと分からない。ファイターズに入った時もそうでしたけど、やらせていただけるというところがないと挑戦もできないので。ただ1つ言えることは、高校を出た時はごく少数の人しか思い描いていなかった二刀流が、今ではファン、スタッフ、栗山監督など多くの方に期待していただいているのは感じています。2つやってきて良かったというのはあって、見えなかったものが見えた部分もあったり、おもしろいと感じる部分もありました。二刀流をやってきてよかったです」と語った。

 報道陣約200人、テレビカメラ約30台が集まった。

 大谷は前日10日に竹田憲宗球団社長、栗山英樹監督らと面談。「来シーズンよりMLBに活躍の場を移したい。ファイターズに入団する前からの夢、メジャーで世界一になる。その夢の実現に向けて挑戦してみたい」と今オフのメジャー挑戦を申し入れ、正式に容認されていた。

 投手と打者の二刀流として活躍し、通算5年で投手としては85試合に登板し42勝(15敗)、防御率2・52、打者としては打率・286、48本塁打を記録した。16年には日本プロ野球史上初となる投手と指名打者の2部門でベストナインに選出され、チームの日本一に貢献。今季のラスト登板となった10月4日には「4番・投手」として出場するなど、数々の伝説を残してきた。

 メジャーでもその高い評価は変わらない。日本ハムが大谷のメジャー移籍を正式に容認したことを受け、大リーグ公式サイトは10日(日本時間同日深夜)に「23歳の天才にとってメジャー移籍への大きな一歩」と伝え「多くの関係者が二刀流を実現できると見ている」と若き才能の挑戦を紹介した。

 日本野球機構(NPB)と大リーグ機構(MLB)で改定交渉中のポスティング制度は、今オフは現行の継続で大筋合意しているため、球団は正式に制度が発効されたあとに申請手続きを行う予定。背番号11を背負い、日本のファンに夢を与えた大谷は11月11日午前11時に新たなスタートを切った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月11日のニュース